屋内型のトランクルームの選び方

屋内型トランクルームの特徴

皆さんは家の中の荷物が増えてきたなと感じた時、どのようにして整理をしているでしょうか。まずは不用品を処分するところから始める方が多いと思いますが、中には普段は使わないけれど捨てられない思い出の品や、シーズンごとに必要になる荷物などもあると思います。その様な荷物が年々増えてくると、家の中の整理がいつまで経ってもできません。そんな時に上手に活用したいのが、トランクルームです。トランクルームは毎月の定額料金を支払うことで誰でも簡単に利用ができます。特にお勧めなのが屋内型のトランクルームで、屋内に設置されたトランクルームを利用できるため部外者が簡単に侵入することはできず、セキュリティ面で非常に優れています。

屋内型トランクルームのメリットとデメリット

ここでは屋内型トランクルームのメリットとデメリットを紹介します。まず、前述したように屋内型トランクルームはセキュリティ面で優れており、24時間防犯カメラの設置や2重ロックシステムが採用されている場合もあります。次に、トランクルームが屋内に設置されているため、トランクルーム自体が風雨に晒されることがありません。そのためトランクルーム内の温度や湿度を一定に保ちやすく、外気の影響を受けやすい敏感な荷物を保管できます。 その一方で、屋内に設置するトランクルームの大きさが限られており、屋外型に比べて小さくなります。さらに、屋外型トランクルームと比較すると、料金が高めに設定されているなどのデメリットもあります。

レンタルコンテナは、季節限定の家電製品や防災用品などを収納したり、新居への引越しの際に一時的に使ったりすることもできます。